人魚の里 星野
星野ってどんなところ?
星野 開拓移民の歴史
星野に伝わる人魚の伝説
星野 ふるさと作り
星野の特産品
星野 夏祭り
星野のブログ
星野共同売店のブログ
Copyright
All Right Resereved
人魚の里 星野

2010年に作成した星野の紹介です。
Youtubeを使っています。プレイボタンを押すと始まります。

石垣島北部一帯はジャングル地帯のため、西表島と共に開拓が最も遅れた地域でした。
北部のほとんどの部落は戦後の開拓移民によって開拓されてできた移民の村です。どの部落も人口50〜200人程度の小さな村で、素朴な人たちがゆったりと暮らしています。

星野は北部の山岳地帯の南端に位置し、山が海に迫ってきて平坦な石垣島中心部とは全く違った趣があります。今は少なくなった原生の防風林によって海から守られた静かな集落で、防風林を抜けるとそこはサンゴ礁の海です。

星野集落は公民館のある星野・南星野・野原・番屋に分かれ、約55世帯 150名ほどの小さな集落です。
星野・南星野の農地は集落の山側の傾斜地に広がり、天然記念物のマンゲー山や鳥鳴山が見えます。
また、野原の一周道路や番屋のある浦底農道からは、サンゴ礁の海を背景に素晴らしい景色が広がります。

左のマップの上にマウスをのせると矢印が出ます。
矢印にマウスを重ねてください。
その方向を見た写真と説明が出ます。