人魚の里 星野
星野ってどんなところ?
星野 開拓移民の歴史
星野に伝わる人魚の伝説
星野 ふるさと作り
星野の特産品
星野 夏祭り
星野のブログ
星野共同売店のブログ
Copyright
All Right Resereved
人魚の里 星野

島らきょう

島らっきょうの収穫時期は、4月から9月に植え付けを
行い12月から6月まで収穫されます。

本土のラッキョウより細くて小さいのが特徴です。
島らっきょうはエシャロットのように細長い形状をして
おり、見た目はネギやニラのようです。
夏物もありますが冬物の方がシャキシャキ感があり、
パリっとした新鮮味があるので、とっても美味しいです。

食べ方としては、島らっきょうの一夜漬け・甘酢漬け・
キムチ漬けや天婦羅などの調理法が定番です。
島らっきょうには『アリシン』という島らっきょうの
ニオイ成分でビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。

グルクン

星野地域近海の海からたくさんのグルクンが沿岸漁業で
漁獲されます。
グルクンはタカサゴの沖縄方言での呼名で、スズキ目・
タカサゴ科に属する魚の一種「沖縄県の魚」にも指定
されています。
刺身、塩焼き、唐揚げなどの料理に利用される他、
かまぼこの材料にも用いられています。